男性のマナーを知る

スーツやネクタイは全て黒

遺骨

神戸で葬儀に参列する場合、男性と女性では服装が違うので、それぞれに沿ったマナーを理解して参列する必要があります。男性も女性もスーツが基本となっていますが、男性の場合はネクタイやシャツなどが女性とは異なります。男性が葬儀に参列するときに着用するネクタイは、黒無地のデザインが基本となっています。ネクタイの結び方は、普段通りでも大丈夫ですが、織柄などは避けることが大切です。スーツの色で最も良いのが黒ですが、無い場合は濃紺かダークグレーでも可能と言われています。昔に比べると、マナーに厳しい葬儀を行なうところも少なくなっていますが、故人をしのぐ場として基本的なマナーは抑えておくことが大切です。スーツの下から着用するシャツも白が基本です。葬儀は急に参列することが決まりますが、外出先から駆けつける場合派手なシャツを着用している時は、白に着替えるのも1つのマナーです。

靴下やバッグも黒で統一

男性が葬儀に参列するときには、女性と違ってアクセサリーやバッグはあまり持たない人がほとんどですが、もしバッグを持つ場合は黒のビジネスバックにしておくのが無難です。神戸でも様々な式場があり、場所によっては靴を脱いで参列する葬儀場もあります。その時に備えて靴下も黒にしておくと良いでしょう。白や柄物は目立つので、避けておくことが大切です。靴も革の紐靴がベストと言われており、茶系やカラーのある靴も避ける必要があります。冬になるとコートを着用することがありますが、男女同様に毛皮のコートは避けるのがマナーとなっています。