香典を理解する

香典の金額相場

お焼香

葬儀をする時に遺族に渡すのが香典で、参列する人が最も迷うものと言われています。特に金額目安やふくさの包み方、香典袋の名前記入方法などは迷う部分と言われています。基本的に香典はお香の代金を気持ちの分遺族に手渡すという意味合いを持ちます。その為、はっきりとした金額は決まっていないですが、神戸で行われている葬儀の香典金額の相場は5千円と言われています。故人や遺族との間柄によって金額を増やしても良いでしょう。加えて、日本は地域によって昔からの風習が色濃く残る場所もあり、香典金額の相場にも差があります。こうした点を踏まえてから香典を包むと良いでしょう。香典を渡したら、後に遺族側から香典返しをもらうことが一般的となっています。

包み方や香典袋のマナー

香典を包む香典袋も最近では多くの場所で販売されており、販売されているパッケージなどにも書き方やマナーが載っているケースがほとんどなので、参考にして記入するとよいでしょう。香典袋も様々なタイプが販売されていますが、神戸の葬儀に参加する時にも、御霊前と記入された香典袋を利用するのが一般的です。御仏前と記入された香典袋もありますが、葬儀や告別式の場合は御霊前と記入されている香典袋、もしくは御香典や御香料と記載されている香典袋が一般的です。香典袋の折り方も、結婚式の慶事とは逆になり、裏柄は下を先に折って、その後上の部分を折り重ねます。こうした細かいマナーもあるので注意して香典を包むことが大切です。香典金額が5千円の場合であれば水引が印刷されているタイプを利用しますが、1万円を超える香典を渡す場合は、実物の水引がかかっている香典袋を利用するのが良いでしょう。