告別式やお通夜

遅刻はしないのが基本

ロウソク

葬儀にも告別式とお通夜がありますが、共通して注意しておくことがあります。神戸で葬儀に参加する時には、開始時間に参列する必要があり、葬儀に限らず、冠婚葬祭全ての式典に当てはまるマナーです。告別式やお通夜では、読経や弔辞を読むのが一般的となっているので、遅刻してしまうと、それらの最中に参列することになります。かなり失礼にあたるので、事前に開始時間を頭に入れてから参列することが大切です。理由があって遅れる場合であれば、事前に伝えておくか、お詫びを言うのがマナーです。神戸の葬儀場によって受付の方法も異なりますが、もし受付が居なかった場合であれば香典を直接遺族に渡すのも可能です。

香典や長話は避ける

葬儀に参列するときに渡す香典も、新札ではなく古いお札を利用するのがマナーです。結婚式のような祝い事の場では新札が一般的ですが、葬儀の場合はその逆です。新札しか持っていない場合は、前もって交換しておくか折り目をつけてから香典に包むことがポイントです。基本的に葬儀に参列するときには遺族や親族が顔見知りである場合や、親しい間柄となっている場合もありますが、葬儀の時には長話をせずに挨拶程度で済ませるのが基本です。無理に遺族に声掛けをする必要は無いので会釈程度か、お悔やみの言葉も手短にしておくことが大切です。故人が亡くなった理由がどうであろうと、死因を尋ねるのはかなり失礼にあたるので、落ち着いてから周囲の人に聞くのが良いでしょう。親族に直接聞くのは配慮に欠けるので避ける必要があります。