服装をチェックする

女性の服装は黒がベター

花と数珠

神戸で葬儀に参列するときには、葬儀マナーと同様に服装もチェックしておく必要があります。葬儀時の女性の服装は、基本的には黒い衣装を着用するのが一般的となっています。今では葬儀用の洋服がセットで販売されていることも多いので、まとめてセットで購入しておくのもよいでしょう。葬儀以外でブラックフォーマルを着用するシーンはあまり無いですが、一着もっていると急な葬儀にも利用できるので用意しておくのも大切です。もし黒い喪服を持っていない場合であれば、濃紺や濃いグレーのスーツを選んでも良いと言われています。夏場になると暑いので、薄着のスーツを着用すると良いでしょう。透け素材やノースリーブ、ミニスカートは避ける必要があります。一般的には結婚指輪以外のアクセサリーは外す必要があるとされており、利用する場合でもパールの一連ネックレスのみです。二連のネックレスになると悲しみが増す、再び繰り返されるという理由で好ましくないと言われています。

バッグやヘアスタイルマナー

女性が神戸の葬儀に参列する時に、スカートを履く場合であればストッキングを着用する必要があります。ストッキングも黒の着用が基本となっています。メイクをするときには基本的に薄めにして、髪の毛もアレンジはせずにシンプルにひとまとめにすることが大切です。最近では若い世代を中心としてジェルネイルをしている人が多いですが、もし葬儀に参列することになったら派手なネイルは避け、落とせるのであればネイルは落として参列するのがマナーとなっています。持っていくバッグもできれば布素材のバッグを利用して、光沢の無いものが良いと言われています。